本文へ移動

修理事例・クォーター

インテグラ ドア交換クォーター鈑金

before
after
かなりの損傷でしたが、お客様の意向によりドアは中古部品を探し交換、クォーターは鈑金作業にて修理を行いました。
塗装はホワイトパールですのでボカシ作業が必要になります。フェンダーからトランクまで塗装作業を行いました。

プリウス クォーター交換

before
after
外側のバックドア、クォーター交換。
ホイールハウス、バックパネルなど周りのパネルは鈑金にて作業を行いました。
損傷がかなりひどく交換する前の粗だし作業も時間を要しました。
beforeは粗だし時の画像、afterはサフェーサー時の画像になります。

IS クォーター鈑金

before
after
凹みが随分大きくロッカーパネルモールとの隙間が空いてしまっています。
新品のモールと合わせながらの作業になります。
1ミリの誤差も出せない上に、
パネルが広く平らな面ですので鉄の伸び縮みに気を付けながらの作業を行います。
シルバーですのでボカシ塗装が必要になりますので、ドア、クォーターの塗装をします。

ISF クォーター鈑金 Rドア交換

before
after
beforeの画像ではすでに新品のRドアが乗っている状態です。
正常な状態より随分と中に入ってしまっているのがわかります。
溶着により引き出し、裏からたたき出しながら徐々に戻していきます。
afterではパテの成形作業です。アーチのラインが崩れないようにガイドを作り作業を行います。
塗装はボカシ塗装含めFドアからクォーターの塗装を行いました。

LS ドア、クォーター交換

before
after
クォーターの内側のホイールハウスパネルまで裂けている損傷でした。
鈑金、溶接した上でドア、トランクに合わせて新品のクォーターパネルを付けていきます。
この型はアーチの淵の部分はヘミング加工といい折り曲げる作業が伴います。他に歪みがいかないように気を付けて作業を行います。
メタリックですのでボカシ作業が伴い、Fドアからクォーターまでの塗装になります。
損傷部位にはBSM(ブラインドスポットモニター)が搭載されていますので角度調整、確認(エーミング)作業を実施いたします。
2022年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2022年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • 休み
  • お休み
TOPへ戻る