本文へ移動

修理事例・フード

アルファード フード、両側フェンダー、コアサポート交換 ドアドア修理

before
after
かなりの損傷で左右ともフェンダーまで変形しドアまで傷付けてしまっています。
フード、フェンダー、ヘッドライト、バンパーなどはコアサポートという骨格にボルト止めされています。
まずはそのコアサポートの交換作業を行います。
補器類が沢山付いていますので脱着と粗だしの同時進行。
寸法が出たら骨格を新品に溶接を用いて行います。
そこからやっと外板パネルのフード、両フェンダーを合わせていきます。
ヘッドライトやドアとの兼ね合いも確認し塗装に。
かじり傷とボカシ塗装の為、両側ともドアまでの塗装になります。
afterは塗装後になります。

LX フード、フェンダー、Fピラー修理

before
after
磨きで落ちない傷が無数にあり、塗装にて修理を行いました。
塗装に邪魔なものの脱着。LXの場合ですとフードがかなりの大きさがありますのでこちらも脱着します。
そのまま塗ってしまうと傷の形が浮いてきてしまいますので、平らに砥いでサフェーサー、色、クリアーと重ねていきます。
ボカシ塗装含めフード、フェンダー、Fピラー、Fドアまでの塗装になります。
組付けた後はバンパー内に搭載されたPCS(プリクラッシュセーフティシステム)の位置や角度の確認、調整(エーミング)も併せて行いました。
afterはフード単体塗装後になります。クリアのボカシ目が出ないよう一枚塗装します。
2022年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2022年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • 休み
  • お休み
TOPへ戻る