本文へ移動

事例紹介

旧車 GX71フェンダー鈑金

2019-07-22
昭和60年式のマークⅡ GX71のフェンダー、ドア鈑金塗装修理事例になります。
既に 部品が生産中止になっている為、どこでも直せずに困っているお客様が来店され、弊社にて鈑金作業にて修理させて頂きました。
左側フェンダーとドアが損傷しております。部品はドアも、モール類も全て生産停止状態の車両です。
フェンダー、ドア、共に鉄板を引き出し、パテ整形致しました。
バンパー等分解に際してもネジ穴が劣化している為、細心の注意を払い分解致しました。
鈑金作業が終わり、防錆下処理としてサフェーサーを塗布、研磨し、塗装に入ります。
塗装完了後、磨き作業を行い完成致しました。
部品供給が無いモール、マッドガード等も塗装致しました。
マッドガードも塗装致しました
TOPへ戻る